腰痛サプリメントの効能の種類

骨の場合

腰痛のサプリメントが腰痛に効くアプローチは大きく2つあります。
そのアプローチの仕方を知らないで、購入して効果が無いと話す方が多いです。

 

加えて、複数のサプリメントを同時に音でいる方もいますが、
注意点がよく知られていないで飲んでいる方もいます。
今回は、腰痛の痛みのアプローチと服用の注意点に関して紹介いたします。

 

サプリメント

はじめに、腰痛の痛みに効くアプローチですが、患部の損傷を治す効果があります。
腰痛には、骨、神経、椎間板が大きく関係しています。

 

骨の場合によく効くのが、骨の材料であるカルシウム、骨の合成を助けるマグネシウム、
骨の損傷箇所や形成を促進するシリカといったサプリメントが向いています。

 

骨粗しょう症で困っている方や、
腰の骨密度が減少したことによって発生する腰痛の場合は、こうしたサプリメントが有効なのです。

 

神経に効く

神経に効くのが、B12です。
B12は神経の微々たる損傷や神経の圧迫によって生じる、神経の痛みに非常によく効きます。
神経系は、損傷すると中々治りにくいため、長期間飲むことが大切なのです。

 

椎間板の圧迫や不足によって生じる痛みに関しては、
皆さんおなじみのグルコサミンとコンドロイチンが効果があります。
グルコサミンとコンドロイチンは骨と骨とのクッションである椎間板を治す効果があります。

 

このように、自分の腰の痛みの原因がはっきりしない内に、
サプリメントを摂取しても中々効かないと悩むより、
病院に行って治療の間に効果的なサプリメントを選ぶことがたいせつなのです。
こうした部類の腰痛のサプリメントは効くまでに時間がかかるといった欠点があります。

 

痛みの原因、炎症を抑える

次に、痛みの原因、炎症を抑えるというアプローチがあります。
皆さん腰の痛みは、痛みの原因物質を抑えることは可能です。

サプリメント

 

 

アメリカで人気のアルニカエキスや
フェニルアラニンがこうした痛みに効果的なんです。

 

アルニカは、血流を良くしたり腰の炎症物質の分泌を抑える効果があります。
フェニルアラニンは、人間の体内に存在する脳内麻薬の分解する酵素の働きを抑制して、
痛みを緩和する効果があるのです。

 

欠点は、痛みが感じなくなったとはいえ、
痛みの原因になっている箇所は完治したわけでは無いので、
場合によっては適切な治療が必要になります。

 

複数のサプリメントを摂取することで、腰痛効果のイイトコどりをすることも可能ですが、
注意して欲しいのが、複数のメーカーの商品を摂取する場合です。

 

摂取するサプリメントのビタミンの1日の目安量が超えていないか確認するようにしてください。
しないで取ると副作用が発生しやすくなります。