腰痛サプリメントの成分の違い

腰痛サプリメントの成分の違い

〈人気の腰痛サプリメントの成分の違い〜グルコサミンとコンドロイチン〉
腰痛のサプリメントには、多くの主成分が存在致しますが

サプリメント


各成分によって腰痛の何に効くかが違ってきます。

 

ですが、そっくりなものも存在するのも事実です。

 

皆さんは、グルコサミンとコンドロイチンの違いを知っていない方が意外にも多いのです。
そして、この2つを同時に摂取するメリットや注意点に関して
違いを分かりやすく紹介いたします。

 

腰痛サプリメントの成分の違い〜グルコサミン

はじめに、グルコサミンは動物性の成分です。
グルコースと砂糖の糖分の分子に、アミノ酸になっているもので、
動物の体内で合成できる成分です。

 

動物の体内では、グルコサミンでは無くN-アセチルグルコサミンという、
単独の分子ではなく複数の分子の集合体で存在しています。

 

そして、よく含まれている食品の代表例が、
カニやエビという甲殻類やきのこに多く含まれています。

 

そして、グルコサミンの商品名は、N-アセチルグルコサミンや
チキン質という名称で書かれていますが、どれも同じものです。

 

腰痛サプリメントの成分の違い〜コンドロイチン

次に、コンドロイチンは、2つの糖類が結合したムコ多糖の一種です。
そして、グルコサミンに比べ体内組織のあらゆる部分に存在します。

 

そして、コンドロイチンは関節のクッション意外にも体の免疫や脳の働きを良くする役割を持っています。
ですから、グルコサミンと比べてコンドロイチンの不足は、人間の体内の働きにとって大きな不調を引き起こします。

 

そして、実際の医薬品にも使用され、注射剤では腰痛、関節の治療に使用され、
点眼薬で角膜の治療にも、飲むタイプの医薬品でも使用されています。

 

コンドロイチンは体内で合成できる力は子供の頃ピークに、減少していくので
コンドロイチンはグルコサミンに比べて摂取するべき養分です。

 

グルコサミンとコンドロイチンを上手く摂取

2つを摂取するとどういった効果があるかというと、
関節の材料の役割をするのがグルコサミンで、
その関節を保護し機能を強化するのがコンドロイチンです。

 

関節の材料がグルコサミンで、その隙間を埋める役割がコンドロイチンになります。
グルコサミンは、実はコンドロイチンの合成に携わっていますが、
100%の腰の腰痛対策になる養分を合成してくれるわけでは無いのです。

 

加えて、合成するということは元の材料であるグルコサミンが不足することになります。
2つを同時摂取することで、腰痛の効果が高いのはその為です。

 

2つを上手く摂取して、いち早く腰痛の緩和になる参考になれば幸いです。
サプリメント

腰痛サプリメントの成分の違い記事一覧

腰痛サプリメントのカルシウム

腰痛になると、日常生活の向上のためにマグネシウムとカルシウム入りの商品を選ぶ方が非常に増えています。今回は、カルシウムとマグネシウム入りの商品の良さに関して、各成分の効能と相乗効果に関して紹介いたします。はじめに、カルシウムですがこの成分は皆さんご存知の通り、骨を作るリン酸カルシウムの材料になります...

≫続きを読む

腰痛サプリメントのマグネシウム

マグネシウムの体内の働きは、最近見直されてきており治療にも使用されています。腰痛に関して重要な役割は、カルシウムの骨に対する吸収率を著しく向上させる効果があります。実は、骨の形成には、一定量のカルシウムがあっても骨になりません。骨になる材料があったとしても、骨にならないのです。イメージとしては、切り...

≫続きを読む