腰痛の対策

腰痛の対策〜B12〜

腰痛の対策に、B12が非常に有効ということを知っていますか?

サプリメント


腰痛では、グルコサミンやコンドロイチンといった椎間板の成分に起因した商品が大変良く売れています。
しかし、グルコサミンとコンドロイチンがよく効くのは、一部の腰痛のみです。

 

特定の腰痛の場合は、B12の方が効果があることが判明したため、
最近では非常に売上が上がっています。

 

その特定の腰痛とは、神経が固まった筋肉によって生じる
痺れのような痛みといった痺れという感覚を感じているような、
痛みの場合に非常に効果があります。
が今回は、B12の養分と腰痛に理由、
それ以外の効果、摂取量に関して紹介いたします。

 

B12とは

はじめに、B12とは、シアノコバラミン、ヒドロキソコバラミンの2種類の総称で、
色は赤色とピンクの色をしています。

 

そして、非常に水に溶けやすい性質を持っているのです。

 

また、B12に胃の特定の部位での吸収されるので、
B12の量不足になりやすいため、胃を切除した方は不足がちになりやすいです。

 

そして、このビタミンは、動物の肉や魚にしか入っていないため、菜食主義の方も不足しがちになります。

 

腰痛に効果がある理由

腰痛に効果がある理由は、B12が神経系の痺れに関して、効果があるからです。

サプリメント


腰の痛みとは、様々な種類が存在いたしますが、
椎間板や骨の損傷の他に、神経系の伝達異常や微々たる損傷によって痺れが生じることもあります。

 

微々たる損傷に対して、B12は、損傷箇所を見つけて早急に対処する力があります。
その為、腰痛の痛みの症状で痺れを生じている場合は、B12の方に非常に効果があるのです。

 

ですが、肉や魚に多く含まれているにもかかわらず、
不足がちになっていしまう理由は、B12が体のあらゆる部分で様々な体の機能に不可欠な栄養素だからです。

 

B12は血液の赤血球の作るためには不可欠な栄養素です。
そして、脳の神経伝達や睡眠に関わる脳内物質の分泌に深く関わっています。

 

加えて、動脈硬化の原因なるホモシステイン分泌の抑制や、
月経前症候群を抑える作用があるのです。

 

ですから、B12を摂っていたといても腰の痛みの治療になるための量を食事だけでは確保することが難しいのです。
ですから、B12のサプリメントを摂ることが非常に大切になってきます。

 

上限量に関して、問題なく人体では過剰量摂った場合は、
体内に吸収されることはありません。

 

そして、過剰量を摂ったことによって有害な結果が出たという報告はされていないので、
積極的に摂ることをお奨めいたします。