海外のサプリメント

海外のサプリメント〜フェニルアラニン〜

サプリメント

海外での腰の痛みに効く人気のあるサプリメントとして、

フェニルアラニンが注目されています。

 

フェニルアラニンとは、人間の必須アミノ酸の一種ですが、
この成分が腰痛に効くことはあ割り知られていません。

 

今回は、フェニルアラニンを摂取した時の効果や、
腰痛に効く理由、その効果、注意事項に関して紹介いたします。

 

フェニルアラニンとは?

フェニルアラニンは体内麻薬の分解を阻害する物質の一種になります。
麻薬と言っても薬物の麻薬ほど、強力な摂取の依存性はないため
安心して摂取することが可能です。

 

脳内麻薬が出来る過程は、外部や内部の痛みに対して量を調整して
生態の機構が正常に働くように出来ています。

 

しかし、慢性的な痛みを抱えている場合は、
相対的に脳内麻薬の分量が少ないために、痛みに対して過敏になっているのです。

 

その為、フェニルアラニンを摂取することは、
脳内麻薬の分解する酵素を阻害するため、
体内の脳内麻薬の分量が上がるのです。

 

その結果体内の、慢性的な痛みに対して非常に効果があります。
しかも、急性の痛み(切り傷等)に比べて慢性的な痛みに対して、
脳内物質は効果があるため、選択的に腰痛の様な長期間続く痛みに対して効果的なのです。

 

副作用に注意

フェニルアラニンはそうした効果を持っているにもかかわらず、
麻薬のような摂取に制限が無く、効果が痛みに対して効果があります。

 

その為、海外ではよく摂取が進んでいるのです。

サプリメント


他の効果としては、抑うつ作用も強くでるため、
うつで悩んでいる人でも摂取が進んでいるようです。

 

効果を上げるには、腰痛対策にもなるB12との摂取がお奨めです。
商品によってはフェニルアラニンとB12が入っている商品が販売されています。

 

しかし、フェニルアラニンは非常に大きい副作用があります。
摂取量に制限がないものの、はじめに、高血圧や心臓病の方は接種時に医師に相談するようにしてください。

 

この理由は、フェニルアラニン自体に高血圧上昇の効果があります。ですから、摂取に関しては避けるようにしてください。

 

また、普段の接種時にはフェニルアラニンとビタミンCを同時に摂るようにしてください。
ビタミンCは代謝をするのに不可欠なのでしっかりと摂るようにしてください。

 

皮膚がんやフェニルケトン症、妊婦の方は摂取禁忌です。
フェニルアラニンの分解力が遅いために、フェニルケトンの蓄積によって病気が発生しやすいからです。

 

健康食品と言っても、非常に効果がある分副作用が大きいのが
このサプリメントの摂取では注意すべきことなので、不安な場合は医師に確認するようにしてください。