アメリカ人気の腰痛サプリメント

日本で知られていないアメリカ人気の腰痛サプリメント

実は、腰痛に効果があるされているアメリカで使用されて非常に効果があるものの、

サプリメント


日本では人気がない商品をご存知でしょうか?

 

それは、アルニカエキスと言うものです。
アルニカと言ってもどういった物で、どのような成分が抗炎症作用にあるのか、
作用する部分は何かに関して本日は紹介いたします。

 

アルニカとは

はじめに、アルニカとはヨーロッパ、アメリカ、そして日本の北半球広域に生息しています。
ですが、あまりにもやくそうとしての効果があるため、
乱獲が進み現在は保護されています。高山植物に分類され、
日本名はウサギギクという名前が付けられています。
そして、黄色の花を付けている一見普通の菊の花です。

 

この花は、ヨーロッパでは非常に有名な抗炎症作用がある薬草として中世から利用されてきました。
その利用法は、花が満開になった時に、細かく刻まれ、煮詰めたエキスを利用します。
利用方法は、痛む部分につけたりして痛みを抑えるために利用してきました。

 

抗炎症作用

そして、このアルニカエキスが腰痛に重宝しているのです。

サプリメント


日本でよく知られているグルコサミンとコンドロイチンは、
磨り減った椎間板を増やす役割をしてますが、これには非常に時間がかかってしまい
現段階である痛みを取り除くことは出来ないのです。

 

つまり、椎間板の損傷の修復にはなる材料にはなるものの、
材料が損傷箇所を埋めるには時間がかかるということなんです。

 

しかし、このアルニカエキスに含まれている成分の、
カロチン、フラボン、タンニン、トリテルペノイドという成分は抗炎症作用があります。

 

抗炎症作用とは

抗炎症作用というのは、痛みが発している部分の痛みの発生を抑えるのです。
そして、アルニカエキスの凄い所は、血行を良くする作用があります。

 

実は、腰痛の原因は腰回りの筋肉の血流量が減少して、筋肉が硬直してしまうことも原因なのです。

 

ですから、アルニカエキスは非常に万能な、腰痛対策のエキスと考えて良いと思います。
ですが、ハーブとはいえ作用が強いため、服用には注意が必要です。
具体的には、飲む年齢に注意すること、また多量の錠剤を同時摂取することはやめて欲しいです。

 

アルニカエキスは、ハーブの中でも飲み合わせでいけないということもないので、
手軽に腰痛の痛みの対策に非常に効きます。

 

痛みに耐えかねてアルニカエキスに切り替えた所、
快適に過ごせるといった方が多く増えています。
アルニカエキスのサプリメントはインターネットで輸入業者を当たれば、
簡単に購入できます。
是非参考にしていただければ幸いです。
サプリメント