腰痛サプリメントで効果を実感する成分量とは?

腰痛サプリメントで効果を実感する成分量とは?

実は、腰痛に効果があるされている、
グルコサミンとコンドロイチンは人の体型によって
摂取する量が違うということを知っている方はあまりいらっしゃらないのです。

 

サプリメント

サプリメントとして実際に効果がある分量とは、
54Kg以下ででグルコサミンとコンドロイチンの含有量が
各グルコサミン1000mg:コンドロイチン800mg、55〜90Kg以下の人で
グルコサミン1500mg:コンドロイチン1200mg、90Kg以上の人で
グルコサミン2000mg:コンドロイチン1500mg
の摂取量が必要とされています。

 

この数値は、アメリカのFDAと呼ばれる医薬品の審査規定が設定している数値です。
この数値は日本の商品に比べてはるかに両者の含有量が高いことが判ります。

 

アメリカは日本に比べて、サプリメントに関する規定が非常に厳しく、
効果のないサプリメントの販売は禁止されています。

 

加えて、サプリメントの副作用の規定に関しては日本よりも、
法則スピードや商品の反映、警告等が厳しく設定されています。

 

それもそのはず、アメリカでは医療費が高いため、
生活習慣病の防止の為に多くの方がサプリメントを日常で使用しています。
そして、売上規模も薬並みですし、日本に比べてサプリメントの歴史が長いのです。

 

自分にあったサプリメントを!

日本の商品は効果があるといっても、
アメリカの含有量に比べれば少ないのです。

サプリメント

 

ですから、日本のサプリメントを何社か利用してみて、
グルコサミンとコンドロイチンは腰痛に効果が無いと考えてしまいがちです。

 

ですが、グルコサミンとコンドロイチンは一定量以上体に入らなければ、
効果がないので効果がない方は、含有量が多いとされているアメリカ製の商品を使用することをお奨めいたします。

 

ですから、グルコサミンとコンドロイチンが効かないと決めつけて諦めるのはやめて欲しいです。
止めてしまう人は大抵の場合成分の不足で効かないだけです。
アメリカ製の商品はインターネット上で容易に手に入るようになりました。

 

多くの成分が書かれていますが、成分量をよく見るようにしてください。
それで問題が無ければ、電卓で1つ粒あたりの値段で申し分ないものを購入するといいです。

 

日本の商品に比べて安価な商品が多いです。
そして、グルコサミンとコンドロイチン以外に有効な成分が入っている商品があります。

 

日本と決めつけないで先入観を持たずにサプリメントを探すことで、
自分にあったものがよりよい商品を見つける機会になれば幸いです。